×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  こみなとファームのこだわり

こみなとファームのこだわり

JGAP認証取得

JGAP認証取得

日本独自のGAP認証で、食品安全・労働安全・環境保全・人権福祉など持続可能な農場経営への取組みに関し、日本の標準的な農場にとって必要十分な内容を網羅した基準となっています。
こみなとファームでは、皆様に安心・安全な農作物をお届けするために、定期的に細かい基準の審査を受けてJGAP認証を取得しています。

JGAPとは

JGAPとは

JGAP(ジェイ・ギャップ)は、Japan Good Agricultural Practice(日本の良い農業のやり方)の略です。
JGAPは「適切な農場管理の基準」であり、農薬の管理、肥料の管理、水の管理など全部で120以上の項目数になる基準で、JGAPの認証を取得するには第三者の機関による審査があり、誰もが取得できるというわけではありません。

日本産広葉樹使用

日本産広葉樹使用

国産木材の広葉樹の菌床で育てた、しいたけの印です。
中国で作られた菌床を輸入して国内で栽培した、しいたけが国産しいたけとしてお店で販売されていることがあります。
これは食品表示法の国産野菜の原産地表示は収穫された都道府県名を表示することになっているためです。
畜水産物は育てるあいだ、日本の餌を与え日本の環境で育てられますが、しいたけの場合はそうはいきません。
しいたけの菌床成分は、最初に作成した原料で決定し、その原料の成分を吸い続けて育ちます。
国産木材の広葉樹の菌床でしいたけ生産をしている私たちは、そのことを分かりやすく消費者に伝えるために、このどんぐりマークを使用しています。